WHITE HOUSEのサイトはDrupalで制作されています。

--広告--

ポイント

WHITE HOUSEのサイトの紹介です。

https://www.whitehouse.gov/

閲覧数 58 回

※2016年8月9日時点でのサイトの紹介です。

先生
ホワイトハウスのサイトがDrupalで制作されています。verは7ですね。
生徒
これまた大きなサイトですね。。
先生
確かオバマ大統領が就任した後の、2009年に制作されていた気がするので、もう7年は運用してるね。サイト制作にはオバマ大統領の意志もあったとのことです。
以下はDrupalの生みの親のDries Buytaertブログです。
http://buytaert.net/whitehouse-gov-using-drupal
生徒
一文目が
Big, exciting news! 

から始まっているので、だいぶ興奮が伝わりますね。
先生
やっぱりホワイトハウスだからね、とてもすごいことだったんだと思うよ。様々な点を考慮して選択されたと思うので、とても自信にもなるしね。やっぱりすごいことだよね。
生徒
そうですね。確かにホワイトハウスで利用されたっていうのインパクトありますよね。
先生
うんうん。今年大統領選挙があるのでオバマ大統領は退任なので、次の大統領に変わった時にそのままDrupalでいくのか、それとも変更するのかも気になるところだね。
生徒
あぁそうですね!できればDrupalのままであって欲しいものですが。。。
先生
そうだね。そういった意味でも注目の大統領選だね。

カテゴリ

関連タグ

併せて読みたい

--広告--

同じカテゴリのコンテンツ

ボストン美術館のサイトはDrupalで作成されています。