コンテンツタイプごとにテンプレートを分ける方法(node--XXX.html.twig)

--広告--

ポイント

ここでは「記事」「基本ページ」等のコンテンツタイプごとに

テンプレートを変更する方法を説明します。

テーマはBusiness Responsive Themeを利用しますので、下記より予めインストールをお願いします。

Business Responsive Theme

閲覧数 565 回

※この動画は音声が流れません※

先生
コンテンツタイプごとにテンプレートを分ける方法を説明します。今回はBusiness Responsive Themeを利用しているので、あらかじめこちらのテーマをインストールしておいてください。
生徒
コンテンツタイプごとということは、「記事」や「基本ページ」などコンテンツタイプによって、利用するテンプレートを分けることができるということですか?
先生
そうそう、基本的にコンテンツのテンプレートは「node.html.twig」というテンプレートが利用されているんだけど、「node--コンテンツタイプ名.html.twig」というファイルを利用することにより、コンテンツタイプごとに設定ができるんだよね。
生徒
おーこれは便利ですね!ちなみにコンテンツタイプごと以外にもできるのでしょうか?
先生
その他だけど、例えば「node--[nodeid].html.twig」の[nodeid]の部分に対象のコンテンツのnidを入れると、そのnidを持ったコンテンツのみのテンプレートが作れたりするね。
生徒
なるほど〜。コンテンツごとの設定もできるんですね。
先生
あとここで気をつけたいのは、利用できる変数が限られているので、下記ページを見ておくととても参考になると思います。
node.html.twig
生徒
了解しました!
先生
今回はコンテンツタイプごとで設定しましたが、タクソノミーごとやブロックごとの指定もできます。これについては下記がとても参考になるので、こちらも合わせて確認してね。
Twig Template naming conventions
生徒
はーい。英語なのがネックなのですが。。。頑張ります!

カテゴリ

関連タグ

--広告--

同じカテゴリのコンテンツ

・非常に簡易的なDrupalのテーマ作成方法を説明します。

Drupalのテンプレート構造についての説明をします。

主…

node.html.tiwgは、page.html.twigの …

ここではテーマにスタイルシートを追加する方法を説明します。

Drupalの関数をフックするためのファイル、thme名.themeについ…