Pathautoモジュールの使い方

--広告--

ポイント

URLを自由に設定できるPathautoモジュールの使い方の説明です。

Drupalではコンテンツ投稿時にデフォルトでは「node/[nid]」と表示されますが、

こちらを自由に設定できるモジュールです。

閲覧数 53 回

※この動画は音声が流れません※

先生
今回はPathautoモジュールの使い方の説明です。
生徒
Drupalだとコンテンツ投稿時に「node/1」と「node/[ノードID]」となりますが、こちらを変更できるモジュールですね。
先生
やっぱりどうしても「node/1」で行くわけにもいかないし、かといってコンテンツ投稿時に毎回手動で変更するのが大変だという時に、このモジュールの出番ですね。
生徒
これはコンテンツタイプごとに設定できるんですかね?
先生
そうだね。コンテンツタイプごとに自由に設定もできるし、その他にもタクソノミーごとや、ユーザ毎にもできるね。ユーザの場合は、ロールによってpathを変えたりっている使い方をするのかな。
生徒
一つ質問なのですが、pathautoは結構簡単に理解できたのですが、依存モジュールとしてCtoolsっていうモジュールが必要ですよね?こちらはどのようなモジュールなのでしょうか?
先生
おお、鋭い質問ですね。こちらはChaos tool suite (ctools)というモジュールで、開発者向けの数多くの API を提供してるんだよね。
単体で利用するモジュールではないんだけど、今回のように他のモジュールを利用する際に必要になることが多いんだよね。
ちょっと説明がわかりづらいと思うので、正直よくわからない場合はとりあえずこのモジュールが必要なんだ!と思っていていただければとりあえずはいいかなと。
生徒
確かにすぐには理解できなそうですが、こちらも利用していく中で理解していきたいと思います!
先生
おお、その意気。頑張りましょう。

カテゴリ

関連タグ

併せて読みたい

--広告--

同じカテゴリのコンテンツ

Drupal 8のモジュールの作り方を簡単に説明します。

viewsモジュールの利用方法を説明します。

viewsモ…

Drupal管理画面よりサイトデータベースのバックアップとリストアができる…

Metatagモジュールを利用することで、テンプレートではなく

URL Embedモジュールを利用することで、URLをWYSIWYGエディ…