SEO(検索エンジン最適化)とは

--広告--

ポイント

GoogleやYahoo!等の検索結果で上位に表示されたり、多くのページが検索結果に表示されるようになれば、Webサイトへの集客力が大きく向上します。

このように検索エンジンに見つけられやすく対策し、集客する手法をSEO(検索エンジン最適化)といいます。

今回はSEOの仕組みについて説明します。

閲覧数 27 回

■SEOとは

SEOとは簡単に言うと、GoogleやYahoo!の検索結果の上位に表示させ、Webサイトを見つけやすくし、アクセスを増やすことです。

 

■ 検索エンジンの仕組み

主要な検索エンジン

主要な検索エンジンは「Google」「Yahoo! 」「Bing」と3つあります。

Yahoo! は実際はGoogleのサーバを活用しているので、検索結果はGoogleと非常に似通ったものとなっています。

※あくまでも「検索技術を利用」しているだけであって、検索結果が全て同じになるという訳ではありません。

また、正確には公表されていません、日本では「Google」と「Yahoo!」がシェアの大半を占めていると言われているので、検索エンジン対策メインは実質はGoogle対策ということになります。

■ SEOの目的

とはいえ、SEOの目的は単純に検索結果の上位に表示されれば良いというものではございません。

ユーザが検索し、その結果クリックしたい情報を提供することが一番大事なのです。

例えば、「新宿 ランチ」で検索した時に検索結果の一番上に鎌倉のランチ情報が来てしまっては、上位に表示されていようとクリックはされないでしょうし、クリックしたとしてもすぐに離脱してしまうでしょう。

SEOの目的はユーザの検索目的に合わせて最良なコンテンツを用意し、検索結果に表示されるようにすることです。
 

step1

上位には新宿のランチの情報が並んでいます。

■ SEOの効果を計る方法

SEOの効果は単純に検索順位ではありません。

サイトにどれだけの訪問者があったのか、どれだけ集客できたのかを図る必要があります。

どのようにして計るのか?それはアクセス解析により分析します。

アクセス解析を利用すれば、どのキーワードでヒットしたのか、サイト訪問後に目的や成果につながっているのか等の測定が可能です。

サイトの測定をし、よりよくするように改善することができます。

弊社ではGoogle Analyticsを利用して改善します。

※ Google Analyticsの利用方法は後日公開予定です。
 

■ 検索結果はすぐに変化しないことを理解する

検索エンジン各社は検索結果の質を非常に大事にしています。

検索結果が目的に合わないものだと、誰もその検索エンジンを利用してくれなくなるからです。

検索エンジン各社は、検索結果を意図的に操作されないよう注意を払い、非常に大きなコストをかけ、様々なアルコリズムを元に決定されています。

そのため、SEOのために様々な施策を打ってもすぐに結果が現れることはありません。

長い目を持って対応していきましょう。
 

カテゴリ

関連タグ

--広告--

同じカテゴリのコンテンツ

検索順位を決める要素はサイト内だけではありません。

サイト…

サイト制作時にはサイト構成が非常に重要になります。

サイト…

このページではキーワードの抽出と分析方法を説明します。

対…

SEO対策を始めるにあたり、キーワードの選定が非常に重要になります。…

このページでは、適切な内部対策でSEOの効果を高める方法を説明します。…