ボストン美術館(Museum of Fine Arts, Boston)のサイトはDrupalで作成されています。

--広告--

ポイント

ボストン美術館のサイトはDrupalで作成されています。

http://www.mfa.org/programs

 

閲覧数 33 回

※2016年10月2日時点でのサイトの紹介です。

先生
ボストン美術館のサイトがDrupalで制作されてますね。

ボストン美術館は、1870年に地元の有志によって設立され、アメリカ独立百周年にあたる1876年に開館した。王室コレクションや大富豪のコレクションが元になった美術館と異なり、ゼロからスタートし、民間の組織として運営されてきた点は、ニューヨークのメトロポリタン美術館と類似している。所蔵品は50万点を数え、「古代」、「ヨーロッパ」、「アジア、オセアニア、アフリカ」、「アメリカ」、「現代」、「版画、素描、写真」、「染織、衣装」および「楽器」の8部門に分かれる。エジプト美術、フランス印象派絵画などが特に充実している。2010年には北中南米の芸術を展示するアメリカウィングが増築され、28%の増床となった。

引用:Wikipedia

生徒
プログラムページの検索機能が良いですね。いつ何のプログラムを行っているのかがわかりやすく検索できるので、これは便利だと思います。

mfa_step1

 

先生
そうだね。カテゴリ分けもわかりやすいし、ユーザに優しい作りになってるね。
生徒
メルマガ会員登録機能も付いてますね。またここのみSSL対応されているようですね。

mfa_step2

 

先生
shopページもあるようだけど、これはDrupalでは作成されていないようだね。こちらもDrupalでできてればなーと思ったんだけど、やっぱり難しかったのかもね。今後Drupalでできているか要注目です。
生徒
カテゴリに「Art of Asia」ってカテゴリもあるんですね! いつか見に行きたいなー。

mfa_step3

 

カテゴリ

関連タグ

併せて読みたい

--広告--

同じカテゴリのコンテンツ

WHITE HOUSEのサイトの紹介です。