SEO対策 キーワードの選定方法

--広告--

ポイント

このページではキーワードの抽出と分析方法を説明します。

対象となるキーワードの洗い出し方法を学習しましょう。

 

閲覧数 41 回

■キーワード選びの注意点

・キーワードは1ページ1キーワードが基本

たくさんの言葉を並べたサイトを見かけますが、SEO上1ページ1キーワードが良いでしょう。

検索エンジンが、このサイトは何が重要なのかを理解しやすくするため、1キーワードがオススメです。


■ サイト訪問者を考える

自分のサイトにはどんな訪問者が来て欲しいのかを考えましょう。

分析は、訪問者の目的や検索行動を想定して書き出します。

ここでは新宿のコーヒーショップを例に訪問者の目的とキーワードの種類をセットで書き出します。

訪問者の目的 キーワード例
グルメ全般に興味あり

グルメ、レストラン、

カフェ…etc

行きたいエリアがあり、

カフェを検索

海道 カフェ、東京 カフェ、渋谷 カフェ、

新宿 カフェ…etc

こだわりの条件や目的、

シーンなどが決まっている

記念日、歓迎会、送別会、

デート、女子会…etc

有名スポットに行きたい

東京タワー、六本木ヒルズ、

横浜中華街…etc

行きたいお店が決まっている

スターバックス、タリーズコーヒー

…etc

ここで出来る限り多くのキーワードを書き出すことがポイントです。

この後にキーワードの人気度を調査するので、ここでは出せるだけ出しましょう。

■キーワードをツールで調査する

キーワードが書き出せたら、Googleキーワードプランナー等で確認します。

seo_Step1

 

■キーワードを決定する

調査結果を確認し、下記をポイントにキーワードを分析します。

ポイント1:人気度(検索ボリューム)が十分か

ポイント2:他に同音異義語がないか

※同じ文言で、他の意味を持つ言葉がある場合は注意が必要

 例:「ワンピース」の場合、服のワンピースと漫画のワンピースが存在する。

ポイント3:競合サイトが少ないか 


以上を分析し、サイトにあったキーワードを選定しましょう。
 

まとめ

今回のテーマのキーワード選定は、SEOを行う上で一番時間がかかる箇所かもしれません。

しかしながら、こちらをおろそかにするとSEOが全くうまく機能しなくなってしまうので

キーワードプランナー等ツールを効果的に利用し、しっかりとキーワード選定を行っていきましょう。

カテゴリ

関連タグ

--広告--

同じカテゴリのコンテンツ

検索順位を決める要素はサイト内だけではありません。

サイト…

サイト制作時にはサイト構成が非常に重要になります。

サイト…

GoogleやYahoo!等の検索結果で上位に表示されたり、多くのページが…

SEO対策を始めるにあたり、キーワードの選定が非常に重要になります。…

このページでは、適切な内部対策でSEOの効果を高める方法を説明します。…