MacのExcelで文字入力が重い時の対応方法

--広告--

ポイント

MacのExcelを利用していて、文字入力が非常に重いなと感じたことはありませんか?

その場合、Fontの重複が問題していることがあるようです。

今回はFontの重複を解消し、動作を軽くする方法を3ステップで説明します!

閲覧数 4715 回

最近Excelが重い。。。

最近MacのExcelを利用していて、非常に文字入力が重くなったなと感じる時が多くなりました。

調べてみたところ、Fontの重複が原因のようなので、Font重複を削除し対応したところ非常に軽くなりました!

対応策を以下に記します。

STEP1 Fontの重複削除

1. まず、Excelを開いていたら作業を中断し、Excelを終了します。

2. アプリケーションよりFont Bookを開きます。

excel_step1

3. すべてのフォントをクリックします。

excel_step2

4.表示されたFontをすべて選択します。

excel_step3

5.コンテキストメニューを開き、「フォントを検証」をクリックします。

excel_step4

6.フォントの検証が始まるので、プログレスバーが完了するまで待ちます。

excel_step5

7.左上のリストボックスより、警告およびエラーをクリックします。

excel_step6

8.フォントの重複しているものが表示されます。

excel_step7

重複項目は自動で「切」になりますので フォントを検証の画面を×で閉じます。

9.元の画面に戻って、重複していたfontの「▶︎」を開くと、重複項目が「切」になっています。

excel_step8

Font重複の削除は以上で完了です。

 

STEP2 環境設定ファイルの削除

1. Finderを起動し、「Shift + ⌘ + G」で 「~/Library/Preferences/」を入力します。

excel_step9

2. 下記2ファイルを削除します。
・com.microsoft.Excel.plist
・com.microsoft.office.plist
※ファイルが壊れている場合 「~.plist」の後ろに英語8文字ついた0byteのファイルがあるので、そちらも削除します。
例)com.microsoft.Excel.plistEGB987SF

excel_step10

環境設定ファイルの削除は以上で完了です。

 

STEP 3 cacheの削除

1. Finderを起動し、「Shift + ⌘ + G」で 「~/Library/Caches/」を入力します。

excel_step11

2. 「Microsoft」フォルダを削除します。

excel_step12

以上でcacheの削除は完成です。

最後に、アプリケーションをすべて終了させ、再起動させれば完了です。

これでExcelの文字入力がさくさく動くようになっていると思います。

ぜひお試しください。

カテゴリ

関連タグ

--広告--

同じカテゴリのコンテンツ

amazonの電子書籍読み放題サービス「Kindle Unlimited」…

予期せぬエラーページが表示された場合は、Apacheのエラーログを見てエラ…

チャットサービスの「Zendesk Chat」をDrupalサイトで利用す…

radikoに、過去1週間以内に放送された番組を後から聴くことのできる「タ…

Spotify(スポティファイ)とは、音楽のストリーミング配信サービスです…