お問い合わせフォームをブロック化し、ノードに表示する Contact Blockモジュールの使い方

--広告--

ポイント

お問い合わせフォームをブロックで表示できる、Contact Blockモジュールの利用方法を説明します。

Drupal 8のみのモジュールです。

閲覧数 152 回

Contact Blockモジュールを利用することで、ブロックとしてコンタクトフォームを表示することができます。

各ノードにお問い合わせフォームを表示させたり、右サイドバーにお問い合わせフォームを表示することができるようになります。

また、Drupalのcontactモジュールで制作したお問い合わせページの場合、下記のようにフォームのみの表示となり、お問い合わせフォームに説明文等を記入することができませんでした。

step1

しかしながら、今回のcontact blockモジュールを利用することで、あらかじめお問い合わせページをnodeで作成しておき、フォームをブロックで表示させることで下記のようなフォームも作成できるようになります。
 

step2

 

Contact Blockモジュールインストール

それではContact Blockモジュールをインストールします。こちらよりモジュールをのダウンロードURLをコピーします。

step3

今回は8.x-1.2のダウンロードリンクをコピーしました。

step4

モジュールインストール画面(/admin/modules/install)よりインストールします。

step5

インストールに成功したら下記のような画面になります。

step6

モジュールの有効化

モジュール管理画面(/admin/modules)より、「Contact Block」モジュールを有効化します。

step7

「Contact Block」をクリックし、画面下部の「インストール」をクリックします。

Contact formブロックをブロックで表示させます。

それでは実際にContatt formをブロックで表示させます。

ブロックの管理画面(/admin/structure/block)に移動します。

今回は「content」リージョンにお問い合わせフォームを表示させます。

「Contact」の「ブロックを配置」をクリックします。

step8

「Contact block」の「ブロックを配置」をクリックします。

step9

ブロックの設定画面が出ますので、とりあえず何も変更せずに「ブロックの保存」をクリックします。

step10

 

以上で設定は完成です。

これでサイトの全ページにお問い合わせフォームが表示されるようになってます。

表示画面

下記のように表示されます。

step11

 

カテゴリ

関連タグ

併せて読みたい

--広告--

同じカテゴリのコンテンツ

Drupal 8のモジュールの作り方を簡単に説明します。

viewsモジュールの利用方法を説明します。

viewsモ…

Drupal管理画面よりサイトデータベースのバックアップとリストアができる…

Metatagモジュールを利用することで、テンプレートではなく

URL Embedモジュールを利用することで、URLをWYSIWYGエディ…