データベースのバックアップ&リストアを管理画面から対応!Backup and Migrateモジュールの使い方

--広告--

ポイント

Drupal管理画面よりサイトデータベースのバックアップとリストアができるモジュール

Backup and Migrateモジュールの利用方法を説明します。

閲覧数 195 回

Backup and Migrateモジュールを利用することで、管理画面よりデータベースのバックアップとリストアができるようになります。

Backup and Migrateモジュールインストール

それではBackup and Migrateモジュールをインストールします。こちらよりモジュールをのダウンロードURLをコピーします。

step1

今回は8.x-4.0-alpha1のダウンロードリンクをコピーしました。

step2

Backup and Migrateモジュールインストール

モジュールインストール画面(/admin/modules/install)よりインストールします。

step3

インストールに成功したら下記のような画面になります。

step4

 

モジュールの有効化

モジュール管理画面(/admin/modules)より、「Backup and Migrate」モジュールを有効化します。 

step5

 

チェックボックスにチェックを入れ画面下部の「インストール」をクリックするとインストール完了です。

 

Backup and Migrateモジュールを利用しバックアップを取る

まずはBackup and Migrateを利用し、データーベースのバックアップをとる方法を説明します。

Backup and Migrate管理画面(/admin/config/development/backup_migrate)に移動します。

step6

「バックアップ元」には「Default Drupal Detabase」

 「バックアップ保存先」では保存したいフォルダを選択します。
(ここでは「ダウンロード」を選択しています。)

「今すぐバックアップ」をクリックするとバックアップが開始されます。

フォルダにバックアップファイルがダウンロードされました。

step7

バックアップファイルが作成されたので、これでバックアップ完了です。

Backup and Migrateモジュールを利用しリストア(復元)する

次にBackup and Migrateを利用し、データーベースをリストア(復元)する方法を説明します。

※ リストアする前に、対象のサイトのバックアップをしておくことをお勧めします。

Backup and Migrateの管理画面より、復元タブをクリックします。
(または、/admin/config/development/backup_migrate/restoreにアクセスします。)

step8

「バックアップファイルのアップロード」には、アップロードしたいデータベースのファイルを選択します。

「Restore To」では復元したいデータベースを選択します。

(今回はDefault Drupal Databaseを選択しています。)

「今すぐ復元」をクリックするとリストアが開始されます。

以上で対応可能です。

リストア後に注意すること

リストア後に、画面がうまく表示されなくなることがあります。

img6

その際は、パフォーマンスの管理画面(/admin/config/development/performance)より「すべてのキャッシュをクリアー」をクリックしてください。

step9

また、管理画面自体が表示されない場合、テーマ画面(/admin/appearance)の「管理用テーマ」から、現在選択されているテーマを変更してから管理画面にアクセスしてみてください。

step10

※ 上記の場合、「Seven」が選択されていましたが、「Bartik」に変更してから管理画面にアクセスしてみてください。

カテゴリ

関連タグ

--広告--

同じカテゴリのコンテンツ

Drupal 8のモジュールの作り方を簡単に説明します。

viewsモジュールの利用方法を説明します。

viewsモ…

Metatagモジュールを利用することで、テンプレートではなく

URL Embedモジュールを利用することで、URLをWYSIWYGエディ…

ページにFacebookやtwitterへのシェアボタンが配置できる…