URL Embedモジュールの使い方

--広告--

ポイント

URL Embedモジュールを利用することで、URLをWYSIWYGエディタを使用してテキスト領域に埋め込むことができるようになります。

 

閲覧数 96 回

embedライブラリインストール

embedライブラリをインストールします。

drupelルートディレクトリに移動し、下記コマンドでインストールできます。

# composer require embed/embed

参考:https://github.com/oscarotero/Embed

 

URL Embedモジュールインストール

URL Embedモジュールをインストールします。

https://www.drupal.org/project/url_embed

また、Embedが必須モジュールとなりますので、こちらもインストールします。

https://www.drupal.org/project/embed

 

テキストフォーマットとエディターの修正

今回は「フルHTML」でURL Embedが利用できるようにします。

Drupalの管理画面より、環境設定 > コンテンツ作成 > テキストフォーマットとエディターに移動し

「フルHTML」の設定をクリックします。

編集画面の「 ツールバーの構成」の「URL」をエディタで利用できるようにドラックします。

step1

step2

※以下は「有効なフィルター」の「許可する HTML タグを制限し HTML のまちがいを修正する」にチェックが入っている方のみ対象です。チェックがない方は飛ばしていただいて大丈夫です。

チェックが入っている場合は、「フィルター設定」の「使用できるHTMLタグ」の中に「<drupal-url data-*>」を追加してください。

step3

step4

以上設定したら「設定を保存」をクリックしてください。

 

コンテンツ投稿してみる

設定が完了したので、試しに投稿してみます。

コンテンツの投稿フォームへ移動し、エディタにembedded urlが追加されているのを確認します。

step7

クリックするとURL入力画面になりますので、テストとしてYouTubeのリンクを貼り付けます。

step8

「エンベッド」をクリックすると、記入したyoutubeがテキストエリア内に表示されます。

step9

以上で対応完了です。

 

カテゴリ

関連タグ

併せて読みたい

下記YouTude動画が大変役に立ちました。

https://www.youtube.com/watch?v=zqhvD8yQok4

--広告--

同じカテゴリのコンテンツ

Drupal 8のモジュールの作り方を簡単に説明します。

viewsモジュールの利用方法を説明します。

viewsモ…

Drupal管理画面よりサイトデータベースのバックアップとリストアができる…

Metatagモジュールを利用することで、テンプレートではなく

ページにFacebookやtwitterへのシェアボタンが配置できる…