Apacheエラーログの確認方法

--広告--

ポイント

予期せぬエラーページが表示された場合は、Apacheのエラーログを見てエラーを確認しましょう。

閲覧数 134 回

エラーログの確認方法です。

Drupalのモジュールのアップデート時や、テーマインストール時など、本当にふとした拍子にホワイトページになってしまうようなトラブルが起きることが稀にあります。そんな時はDrupalのレポートページよりもApacheのエラーログを見た方が早く原因がわかることもあります。今回はApacheのエラーログの確認方法の説明です。

 

ルートユーザにスイッチ

エラーログファイルのあるディレクトリはルートユーザでしかログインできませんので、一旦ルートユーザにスイッチします。

# su -

/var/log/httpd ディレクトリに移動

エラーログが格納されているディレクトリに移動します。今回は「/var/www/httpd」ディレクトリにエラーログが格納されているのでこちらに移動します。

# cd  /var/log/httpd

 

tail -f コマンドでファイルを確認。

エラーログのファイルは tail -fコマンドで確認します。

# tail -f error_log

こちらでerror_logの中身が表示されるので、確認しエラーを突き止めましょう。

ファイルの確認を終了する場合は「Ctrl + C」で終了できます。

 

カテゴリ

関連タグ

--広告--

同じカテゴリのコンテンツ

MacのExcelを利用していて、文字入力が非常に重いなと感じたことはあり…

amazonの電子書籍読み放題サービス「Kindle Unlimited」…

チャットサービスの「Zendesk Chat」をDrupalサイトで利用す…

radikoに、過去1週間以内に放送された番組を後から聴くことのできる「タ…

Spotify(スポティファイ)とは、音楽のストリーミング配信サービスです…